風評被害?辛口評価は同業者の逆ステマの線が濃厚

逆ステマを仕掛ける同業者

逆ステマとは、一般ユーザーに成りすまして同業のライバル会社等に対して否定的な情報を逆宣伝したりする行為のことです。
ネットのクチコミサイトや掲示板などを用いて、悪い噂や評価を捏造することによりネガティブキャンペーンを仕掛けるという手口です。

VIP投資顧問をネットでしらべると、「詐欺」「悪質」「ロスカットばかり」「サポートが無い」等々の辛口評価が数多く見受けられます。
こうした辛口の評価ばかりで口コミが埋め尽くされている媒体も少なくありません。
しかし、これらの辛口評価や口コミは本当に一般のユーザーが投稿してるものなのでしょうか?

結論から言ってしまえば、同業者による逆ステマである可能性が非常に濃厚とみられます。
その大きな理由の1つとして、VIP投資顧問の辛口評価や口コミを掲載しているサイトは、調べてみるとどれも運営元が不明なサイトばかりであることが挙げられます。

口コミサイトは、食であれば食べログ、旅行ならフォートラベル、美容ならアットコスメ、買い物ならアマゾン、価格コメ、楽天など、あらゆるジャンルに存在していますが、すべて運営元がはっきりした健全な媒体です。
しかし、どういうわけか投資顧問系の口コミサイトは運営元が不明な媒体ばかりが存在しています。

運営元をハッキリとさせたほうが媒体としての信用はアップするはず、なのにどうして身元を明かさないのでしょうか。
これは明かさないのではなく、厳密にいうと明かせないのでしょう。
なぜなら、それらは口コミサイトを装った自作自演サイトだからです。

つまり、同業者の誹謗中傷をおこなうサイトを自ら作成し、全力でネガティブキャンペーンを仕掛けて一般ユーザーの誘導をはかることが目的でしょう。
一般ユーザーはネットで目にした情報の配信元がどうとか気にする人は少ないですが、誰が作成したかもわからないサイトで配信されている情報を真に受けることほど怖いものはありません。

VIP投資顧問を利用した結果、損失を出してしまったという一般ユーザーは一定数は存在するでしょう。
なぜなら、相場の世界に絶対はないため、投資助言者の見解や分析、予測が外れることは当然あります。
そして、これは投資顧問という業種の性質上しかたのないことでもあります。

問題はその確率ということです。上昇するであろうと推奨された銘柄が予測通り上昇するよりも、思惑が外れて下落してしまう確率のほうが多いようでは、投資顧問会社として銘柄の分析能力が低いということです。
そのような投資顧問会社は、ユーザーからの信用を得ることも難しいでしょう。

そして、ユーザーからの信用や支持を得られていなければ、投資顧問業を運営していくこともままならないでしょう。
投資顧問業者は有価証券にかかわる助言行為の対価として報酬を得る仕事です。
「ロスカットばかり」の銘柄を推奨していれば、信用は失墜し利用者もいなくなるはずです。

また、投資助言業の役割は単に銘柄推奨というだけでなく、有価証券に関る助言そのものがメインです。
つまり、どこで買ってどこで売るといった売買指示がもっとも重要なポイントといえます。
株取引では銘柄の選別も大切ですが、それ以上に大切なのが売買のタイミングでしょう。

売買タイミングさえ適切にとらえていれば、どんな銘柄でも利益を上げられるという考えかたもあります。
よって、投資顧問会社は推奨する銘柄よりも利確やロスカットといった売買に関わるフォローに重点をおくべきであるといえるでしょう。
そうした観点からVIP投資顧問のサービスの質を考察してみましょう。

有料契約(スポット契約プラン)において提供されるのは、上昇期待値の高い銘柄とトレードプランです。
エントリー価格帯や利確の目安となる第一・第二目標が設定されており、ロスカット目安も設定されています。
さらには、推移の見解や対応を指示する内容のフォローメールが配信されます。

また、気になったときには銘柄相談において助言を仰ぐことも可能なため、投資顧問業の最大のポイントとなる助言行為については、基本的なシステムを構築してるといえるのではないでしょうか。
よって「サポートが無い」といった口コミも誤りということです。

最後に、VIP投資顧問は旧TBM時代の2016年に関東財務局の検査において顧客に対する虚偽が認められたため行政処分が下されています。
なので、この時点に焦点を合わせれば「詐欺」や「悪質」といった口コミは間違えていませんが、その後は業務改善を経て現在も営業をしています。

今現在、詐欺に該当する行為や悪質な営業を行っていれば、もちろん処罰の対象になりますし金商登録を抹消されることとなるでしょう。
しかし、そのような動きはありませんから、事実とはことなる口コミであることもわかります。つまり、口コミ自体が出鱈目なのです。

投稿されている口コミが一般ユーザーによる書き込みなのか、同業者の捏造投稿なのかを確かめる術は残念ながらありませんが、VIP投資顧問が推奨した銘柄で取組んだ結果、損失を出してしまったという一般ユーザーが実際に存在するのは間違いないとしても、大半が逆ステマによるものと推測ができます。

VIP投資顧問の悪質評価をさらに詳しく